クレジットカード現金化は比較が命

クレジットカード現金化比較セレクト

全国にあるクレジットカード現金化業者を比較セレクトしました

クレジットカード現金化は比較が命

皆さん、現金化をする時にちゃんと比較していますか?

比較サイトを見ても1つのサイト内だけで選んでしまう方やランキングサイトで上位にある1社だけ連絡をして面倒くさいからそのまま決めてしまう方は意外と多いんじゃないかと思います。

クレジットカード現金化は何社か比較し、また1つの比較サイトだけではなく、いくつかの比較サイトから何社か連絡することが大事です。

最初は1回しか利用することもないだろうと思うかもしれませんが、一度利用した方は2.3回は利用する方がほとんどですので、利用する前にしっかり比較することで最初の1回だけではなく、その後の換金率も大きく変わってきます。

比較をしっかりやらない方は比較をしっかりやった方に比べて10%以上換金率が低い状態での換金になってしまうかもしれませんので、比較方法を一番に重要視しましょう。

現在、現金化に関連する比較サイト・口コミサイト・ランキングサイトは数多くあります。

その中で見るサイトは1ページ目に出てくるサイトくらいかと思いますが、比較する上で見るのは1ページ目だけで十分だと思います。

ただし、検索キーワードを変えて他サイトも調べることが大事です。

例えば、「クレジットカード現金化 比較」と調べたり、「現金化 口コミ」と調べたり、キーワードを変更して検索することによって良い意見も悪い意見も見ることが出来ますので比較しやすくなります。

基本的に、現金化の比較・口コミ・ランキングサイトは広告会社が運営している自演自作サイトで現金化業者が広告料を支払うことによって掲載してますので、ランキング上位に載っているからと言って良い現金化業者という訳ではありません。

一般企業でしたら広告料を多くかけている会社の方が信用性があり、薄利多売でも将来性を見据えている優良企業と判断できますが、現金化の世界ではむしろランキングサイトの上位でよく見る会社は換金率が低い悪徳業者の可能性の方が高いです。

現金化はいつ取り締まりが強化されて営業停止や違法として捕まってもおかしくないグレーゾーンの業種です。

その為、現金化業者はかなりのリスクがあり、将来性なんて考えられない業種ですので現在(いま)どれだけ儲けられるかしか考えていません。

警察に捕まるリスクがなければ多額の広告料を支払っていても悪徳業者とは思いませんが、リスクがあって将来性もない業種に薄利多売のような営業は誰も出来ないのです。

いろいろなサイトで上位にいればいるほど多額の広告料にも関わらず、多額の広告料を支払えるということはかなりの利益が利用者から出ているということになります。

目立つ欄や上位にいけばいくほど広告料は高額になりますが、ヤフーやグーグル検索で1ページ目に出てくるサイトのランキング1位の広告料がどのくらいかわかりますか?

大体の広告会社が月額いくらではなく、反響1本につきいくらという設定なのですが、成約の有無は関係なしに反響があっただけで1本数万円です。

多くの現金化業者が換金率90%前後で表記していますが、10,000円の利用があっても1,000円の儲けでどうやって広告料を払うのでしょうか。

薄利多売もいいところでリスクを背負ってまでやる商売ではなくなってしまいます。

したがって、上位ばかりにいる会社は他よりも換金率が低く、利用者にとってのメリットはひとつもないのです。

ただし、あまりにもネット掲載が少ない実態が見えないような会社は詐欺をしている可能性が高いので、それなりにネット上で見かけてさまざまな比較・口コミ・ランキングサイトの中盤辺りでよく見る会社が狙い目と言えるでしょう。

そういった意味でも「比較・口コミ・ランキングサイトは3.4サイトは必ず確認して少なくとも3.4社にお問い合わせすると間違いないでしょう!!」

 

良心的な会社を見極めるコツ

見極める方法はさまざまですが、電話やメールでお問い合わせをした時の対応である程度はわかります。

現金化だから換金率さえ高ければいいという考え方はやめるべきです。100%安全という保証はないのですから。

当たり前のことになってしまいますが、どんな点を気にすればいいのか。

・話し方や言葉使いがしっかり出来ているのか?

・一方的な説明をしてくるのではなく、質問したことにすぐに答えてくれるのか?

・利用者に気を遣って会話が出来ているのか?

・利用者が理解をしてから個人情報などの提出を求めているのか?

・わかりやすく説明してくれているのか?

・こちらが理解できなかった時にイライラした口調にならないか?

一番最後の「こちらが理解できなかった時にイライラした口調にならないか?」をわざと試したら良心的な会社かどうか判断できます。

またメールでの問い合わせをしてみて、返信スピードがどうかや質疑応答がしっかりしているかで判断するのも悪くないと思います。

一概には言えませんが、メール希望と伝えた上で最初から電話をかけさせようとする業者は少し微妙かもしれません。