皆さんはクレジットカード現金を利用する場合には何を一番に気にしていますか?

換金率?現金化方法?入金スピード?安全性?

いろいろありますが、利用時の状況にもよりますよね?!

ただ誰でも高い換金率で現金化をしたいですし、安全に利用が出来て早く振込をして欲しいですよね。

でも、中には嘘をついて利用者を騙す悪徳業者が存在することを忘れてはいけません。

ポイント①換金率

ポイント①換金率

どこの現金化業者もホームページには90%前後の換金率が記載されていますが、実際にはその換金率で現金化を行う事はできません。

他ページでもご紹介していますが、クレジットカード現金化の相場は70%前後が相場で利用金額や優良店では80%前後です。

90%以上での現金化業者は間違いなくあり得ませんので利用してはいけません。

結局、振込される直前でいろいろな手数料を引かれてしまう説明をされて実際の振込は20~60%台になってしまったり、一銭も振込されない詐欺にあってしまいます。

換金率だけでの判断は失敗するだけですので比較セレクトポイントの優劣は中レベルです。

ポイント②現金化方法

ポイント②現金化方法

クレジットカード現金化には商品買取方式やキャッシュバック方式と呼ばれる方法があります。

商品を購入し、現金化業者が買取する方式か携帯電話を購入する際などによくある商品を購入するとキャッシュバックされるキャッシュバック方式です。

基本的な流れに大きな違いはありませんが、振込までの時間や商品が届く届かないという違いはあります。

それ以外にもキャッシュバック方式はクレジットカード情報を現金化業者に伝える必要があり、商品買取方式はクレジットカード情報を現金化業者に伝える必要がないということもありますが、最近は商品買取方式でもクレジットカード情報を伝える必要がある現金化業者も存在しますので、問い合わせの段階でクレジット決済をどちらが行うのか確認することをオススメします。

クレジットカード情報を教える事にメリットは一切なく、危険度が増すだけですのでセレクトする上で重要なポイントとして比較セレクトポイントの優劣は中の上レベルです。

ポイント③入金スピード

ポイント③入金スピード

どうしてもあと30分以内に現金を用意しなくてはいけない状況はあるかもしれません。

そんな時には換金率も安全性も多少無視しなくてはいけないかもしれませんが、出来るだけそういった状況にならないようにすることが重要です。

はっきり言って現金化業者に弱みを握られてしまう事はどの現金化業者を利用するにしてもいい結果にはなりません。

間違いなく換金率は通常よりも5~10%低く見積もられてしまい、損してしまいます。

出来る限りは申込から入金まで3~4時間位余裕をもって朝10時頃から探し始めて15時までには入金してもらうような流れで行うようにしましょう。

どこも最短10分など記載していますが、初回は早くても1~2時間位はかかってしまいます。

例外は除いて基本即日振込の現金化業者をセレクトすることは必要ですが、比較セレクトポイントの優劣は中の下レベルです。

ポイント④安全性

ポイント④安全性

どの現金化業者も安全に利用できると言いますが、何が安全な現金化と言えるでしょうか?

危険な現金化はいろいろありますが、安全な現金化ははっきり言ってしまいますと現金化業者次第です。

クレジット決済は利用者本人が行い、商品が利用者→業者、業者→利用者とやり取りがしっかりあれば現金化は安全ですが、クレジット決済を現金化業者が行ったり、商品のやり取りがなければもはや安全ではなく、違法と判断されてもおかしくありません。

違法と判断されても利用者が捕まることはないかと思いますが、クレジットカードが利用停止になっては死活問題ですので比較セレクトポイントの優劣は上レベルです。

クレジットカード現金化比較ポイントのまとめ

クレジットカード現金化比較ポイントのまとめ

クレジットカード現金化を行う上でもっとも重要なのが比較方法です。

あり得ない換金率で騙されて詐欺や悪徳業者に引っかかってしまったり、危険な方法とは知らずに言われるがまま現金化を行いクレジットカードが利用停止になっては元も子もありません。

本当に重要なのは信用・信頼ができる現金化業者を見つけるためにいろいろな現金化業者を比較する事が重要なのです。