最近、アマゾンギフト券による詐欺が流行しています。

オレオレ詐欺や振り込め詐欺などにもアマゾンギフト券は用いられていますが、今回のアマゾンギフト券による詐欺はまた違います。

アマゾンギフト券はクレジットカードのショッピング枠を現金化する際にも携帯キャリア決済を現金化する際にも用いられている方法で15円~50万円まで好きな金額を購入することが可能です。

ご存じない方にもわかるようにご説明していきますが、アマゾンギフト券にはいくつか種類があります。

  1. ①.Eメールタイプ
  2. ②.カードタイプ
  3. ③.シートタイプ

それがこちらの3つですね。

一般的な商品券やギフト券の場合は現物が手元にないと使うことはできませんが、アマゾンギフト券の場合は違います。

どのタイプのギフト券にもギフトコードというアルファベットと数字があり、ギフトコードを知っていれば誰でも利用することができてしまいます。

ですので、Eメールのギフト券が自分のアドレスにあるから他の方は使えない、カードのギフト券が自分の手元にあるから他の方は使えない、シートのギフト券が自分の手元にあるから他の方は使えないという訳ではありません。

そのため、現物がなくてもギフトコードがわかれば誰でも使うことが出来てしまうのです。

amazonギフト券買取の詐欺の内容とは?

どういった詐欺なのか

何か物を売る時には誰でも高く売りたいですよね。

しかし、高換金率だからといってろくに調べずにamazonギフト券買取業者を選んではいけません。

詐欺師はどこよりも高い換金率を謳ってギフトコードが送られてきたらそのままお金を振り込まずに逃げてしまうのです。

言われた時間になっても振込されず、こちらから業者に連絡をしてみるともうその時にはメールがエラーで送れなくなっていたり、電話が繋がらなくなったりしていてギフト券もチャージされてしまっていて使えない状態になっています。

もうこうなってしまっては諦めるしかないのが現状で警察に言ってもアマゾンに言っても何もしてくれませんし、お金は戻ってきません。

90%以上の換金率を言ってくるアマゾンギフト券買取業者は要注意です。

利用する時はちゃんと信用できる現金化業者を利用しましょう。