全盛期に比べてしまうと現金化業者はかなり減りましたが、それでも全国各地にまだ300社は残っているかと思います。

現金化がピークの頃は500社近くはあり、キャッシュバック方式が現金化業者の中で主流でしたが、2011年に現金化業者で逮捕者が出て以来、キャッシュバック方式は違法性が高いと判断し、リスクを懸念した多くの現金化業者は辞めてしまったり、現金化方法を買取方式に移行しました。

現在では、買取方式が主流になり、キャッシュバック方式はイケイケの会社や悪質な会社でしか採用がされていないように思われますが、いまだにキャッシュバック方式は存在します。

ただ、現金化自体が違法な行為ではありません。

実際に駅前に堂々と店舗を構えている業者は多く存在していますし、営業停止や取り締まりなどされていないことが「現金化は違法ではない」という証明です。

現金化は危険という認識は悪質な会社で行ってしまうから危険であって、そうでない会社であれば決して危険ではないのです。

全国で必要としている現金化

現金化業者へ支払う手数料を考えれば利用しないのが一番ですが、誰しもが好きで現金化を利用している訳ではなく、どうしようもないから利用せざるを得ないといった状況かと思います。

しかし、安易に現金化を行ってしまうと損や詐欺にあってしまう可能性があり、ちゃんと厳選して業者を選択することが非常に大事です。

利用せざるを得ない方は全国に何万人といるでしょう。

昔はインターネットなんてなかったですし、普及しても今のように利用できる方は少なく、情報量も全然多くありませんでした。

しかし、現代ではほとんどの方がインターネットを使えて自宅にいながら買い物が出来たり、日本と海外でTV電話なんかも出来るようになってしまいました。

現金化も昔は自宅から近い店舗に行って現金化をするかご自身で現金化するしか選択肢がありませんでしたが、インターネット社会になってからは沖縄にいようが、海外にいようが、インターネット環境さえあれば日本全国どこからでも利用することが可能になり、選択肢も日本全国どこの会社でも好きに選ぶことが可能になりました。

逆に情報が多すぎて選択しづらくなったかもしれませんが、当サイトで現金化を比較する上での方法や間違えないで選択する方法を参考にしていただければと思います。